女性の病気を扱う病院|元気な赤ちゃんを産むために妊娠中から気を付けたいこと

元気な赤ちゃんを産むために妊娠中から気を付けたいこと

聴診器

女性の病気を扱う病院

ドクター

婦人科とは女性特有の病気の検査や治療を行う場所です。女性特有の病気とは乳がんや子宮がん、月経困難症や子宮内膜症など他にも沢山の病気があります。それらは下腹部の痛みや乳房の痛み、不正出血やおりものの変化など体に症状が現れることも多いです。もしこのような症状が起きたら婦人科での検査・健診をお勧めします。治療の方法も様々で月経に関する症状にはホルモン補充など、卵巣や子宮に炎症などがある場合は抗生物質など、がんの場合は外科手術と化学療法や放射線治療などを行います。いずれも早期発見が大事ですので体や体調の変化が起きておかしいと感じたら早めに検査をするのが良いでしょう。大阪にお住いの方はご自身の都合の良い場所で婦人科を探してみて下さい。

婦人科の検査には様々な種類があり、尿検査や血液検査を始めとして綿棒で細胞を採取して検査する細胞診、おりものを採取して細菌などを調べる培養検査、子宮の中にごく小さなカメラを入れてポリープや腫瘍などの異物を探す子宮鏡検査などの検査を受けることが出来ます。子宮がんや乳がんは自治体が助成しているのでほぼ無料で婦人科や保健センターなどで検査を受けられます。大阪でも各自治体が行っており、2年に1度健診表が届きます。大阪に住所があるのに届いていないという方は健康増進課に問い合わせて下さい。大阪での取扱機関は書類に明記してありますので、その中の婦人科などに予約を入れて下さい。女性の病気は症状があまりないこともありますので、毎年検査を受けることをお勧めします。