妊娠のステップをサポート|元気な赤ちゃんを産むために妊娠中から気を付けたいこと

元気な赤ちゃんを産むために妊娠中から気を付けたいこと

聴診器

妊娠のステップをサポート

女医

着床をスムーズに

受精卵を子宮内膜に着床させるまでが、不妊治療では正念場です。着床率を上げるためには、良質な受精卵が必要です。場合によっては、受精卵をさらに成長させた胚盤胞と呼ばれる状態まで育てるのが今の体外受精と言えます。受精卵の成長を見守るのは、専門の培養士たちです。大阪のクリニックにも、高度な技術を持つ培養士が在籍しています。着床までのプロセスがスムーズにいくと、妊娠率は大きく上がります。自然な方法で受精卵が育たないカップルにとっても、体外受精は期待が持てる治療です。体外受精によって子供を持てるようになったカップルは実際多く、不妊治療の中でも特に人気を集めます。大阪のクリニックでは、成功を上げるための色々な工夫を凝らします。

失敗のリスクもあり

大阪のクリニックが行うような体外受精は、1回の治療に高額な費用がかかります。そのため、医師を始めとする医療スタッフも治療には真剣です。ただ、自然現象である妊娠は、予想外の事態も起こり得ます。細胞の培養や卵子の採取のプロセスでの失敗も、想定されるリスクです。ですので最悪の場合には、高額な費用に見合う結果が得られなくなります。リスクが伴う点を覚悟していれば、体外受精に臨むに当たっても心の準備が出来ます。過度な期待感を持たない姿勢が、治療を楽にします。大阪のクリニックで治療中の方のメンタルケアを担当するのは、専門のカウンセラーです。治療に伴う不安や悩みなどが相談出来ますので、精神的な安定が保てます。